本文へスキップ

初めて犬を飼う方へペット用品入門ガイド。

『ペットの飼育とペット用品』は、 わんちゃんの飼育方法について詳しくないペット未所有の方にもわかりやすく、 小型犬をキャリーするアイテム、中型犬に与えるエサの分量 など犬の飼育に関するあらゆる情報を紹介します。

犬を飼い始めるのは、家族が増えたも同然です。
子犬の頃はしつけが大事です。そんな時にはしつけ用のペット用品が色々あります。
成長過程で病気にかかる可能性もあります。そんな時には上手に薬を飲ませるためのペット用品があります。
病気や事故で歩行困難になった時は、犬用の車椅子もあります。
このように、ワンちゃんとの生活を便利に快適に過ごせるよう、様々なペット用品が存在します。
上手に活用していきましょう。

小型犬の飼育

ペットに相応しいとして一目置かれている小型犬はとても愛らしい生物なので、 幼い少年や年老いた老人が頭を撫でたり抱き上げるといった行為をやりたがる のですか、家庭で生き物を飼育するのはとても大きな責任も発生します。 その生命に対してだけではなく、きちんと躾をしなければ自分や近所の方などに 危険を及ぼしたり恐怖感を与えてしまいかねず、それを防ぐためにいくつもの ペット用品が市販されています。 ペットにも健康で健やかに育ってもらいたいですし、飼育方法についての知識も 必要なので簡単なアドバイスをこれからいたしましょう。


中型犬の飼育

万国共通の中型犬の定義はありませんが、小型犬よりも大きいのは言うまでもない 条件なので体重は13.5キロ以上となります。 そして重量の上の方は27キロまでというのが一応の基準なので覚えておきましょう。 重さで覚えるのは難しい、体重計なんか持ってないし、というのなら飼い犬として 最も日本人に愛されている柴犬なんかもこの中型犬なので、そのサイズなら中型犬 と把握しておけば大丈夫でしょう。 小型犬よりも激しく運動させてあげなければいけないので、小さな子供だけで お世話をするのはちょっと難しいサイズかもしれません。


大型犬の飼育

少年が欲しがるペットは爬虫類も捨てがたいですが、一番は大型犬です。 中型犬よりも巨大で27キロを越える重量の犬がこの区分に該当します。 さらに46キロオバーだと超大型犬と呼ばれます。 お散歩に連れて行くとすれ違った人が振り返るほどの存在感を持つので、少年の ハートも熱くなること間違いなしです。 具体的にはドーベルマンやゴールデンレトリバーが大型犬になり、セントバーナード クラスが超大型犬になります。 戦ったら負けそうなのでこれらの犬とは争わないようにしましょう。


ペットのお世話

どのサイズのわんちゃんでも共通するお世話があります。 散歩に連れて行ったりドッグフードをあげたりすることは犬を飼育したことのない 人も含めて誰でも分かっているでしょうが、自分の手で育てた経験がないと ブラッシングや爪切りの重要性には気付かないかもしれません。 特に屋内で人間と一緒に生活をさせるのなら清潔にしておかないと一家揃って 病気になっちゃうかもしれませんので、シャンプーやブラッシングは念入りに 行うことが義務付けられたも同然です。 また、不慮の事故などによるケガで犬用車椅子で生活を送るわんちゃんもいます。 どんな事があっても、最後のお別れまで愛情のこもったお世話をしてあげてくださいね。


バナースペース